SSDとHDDの違いは?


S-ATAの種類と規格


(SSDとHDDの性能比較)


SATAは以前の主流だった接続方式であるIDEの次にできた方式です。SATAは段階的によりデータ処理能力が高い性能へ改善されてきました。現在のSATAⅢの方式では理論値で600MB/sの転送が可能です。

SSDとHDDの性能比較


(SATAの種類と規格)


SSDの実力はどの程度のデータ転送を可能にするのか比較してみましょう。
2.5インチの容量500GBのSSDとHDDで確認すると、データの読み込みの最大速度はSSDの方がHDDの約3.8倍の性能を有していました。データ転送が早いメリットとしてはOSの起動が高速化されるだけでなく、アプリケーションの起動や表示速度が格段に早くなります。

【メリットとデメリット】

SSDにすることでデータ転送が早くなります。また、SSDは非常に軽量で衝撃性も高いため物理的な障害に強いです。一方、デメリットとしてはHDDに比べて高価なこと、粗悪品の場合はフリーズしやすいことが挙げられます。しかし、古いパソコンのHDDをSSDへ換装することでパーフォーマンスは格段に高くなりますので愛着のある以前のパソコンをより長く使用し続けることができます。