SSDとは? 得意なこと/苦手なこと


SSD換装後のアプリケーションへの影響


SSD(英: Solid State Drive)とは、フラッシュメモリをディスクの代わりとする高速ストレージである。

HDDよりも消費電力が低く衝撃に強い。何より軽量で動作音がしないため静音ノートパソコンによく用いられる。デバイス内にはフラッシュメモリの他にアクセス制御を行うコントローラーICチップが組み込まれている。このコントローラーチップの制御に問題が起こるとシステムが固まった状態になる「プチフリ」が起こる。

<得意なこと>
データの読み出しが得意である。
OSやMP3プレーヤーなどのように一度データを入れておけば、読み出しがメインの処理は非常に向いている。またフラッシュメモリの欠点である書き込み制限がある程度改善されている。最近ではシステムにSSDを用いてその他にHDDを搭載したハイブリッドパソコンが主流である。

<苦手なこと>
データの書き換えを頻繁に行うような使用方法は苦手である。特にキャッシュを繰り返し使うようなアプリやソフトは不向き。また、数100MBのデータを短いスパンで書き込む作業はSSDの耐久性を落としてしまう。HDDでは主流であったアクセス速度化「デフラグ」は使用しないこと。また、HDDよりもデータ保存期間が短いため、気温が高い部屋および無通電状態で長期間使用しないとデータが消失する可能性がある。