SSDにアップグレードしたらどうなる?


SSD換装後のアプリケーションへの影響


2016年にノートパソコンのHDDをSSDへ換装するとアプリケーションの起動時間はどこまで変わるのかを検証された記事によると、SSDへ換装したノートパソコンにおけるアプリケーションの起動時間は大幅に短縮されています。これらの換装には以下のような入念な手順で行われています。


<必要なもの>


 ・SSD

 ・ドライバー

 ・SATA用の外付けドライブ


<方法>


・クローンハードディスク作成の準備

 1: windows10に標準搭載の「システムイメージの作成」を実行して
   バックアップを作成します。

 2: 移動させる必要のない不要なデータを移動。

 3: フリーソフトの「CCleaner」で不要なキャッシュ等のデータを掃除します。


・SSDの設定

 1: SSDを用意したSATA用の外付けドライブに接続します。

 2: パソコンに繋げてSSDをフォーマットします。

 3: ドライブのパーティションを変更します。


・クローンを作成する

 1: フリーソフト「 EaseUS Todo Backup Free」をインストールして
   SSDの最適化を行う。

 2: コピー元(HDD)とコピー先(SSD)を設定する。

 3: パーティションのレイアウトを決めてコピーを開始します。

 (コピー時間は約45分でした。)


・パソコンへHDDとSSDを交換

 1: ノートパソコンの裏側をドライバーで外して入れ替えを行う。


・起動させる

 1: 必要なドライバや更新プログラムを確認を行う。


<結果>


・スピードテスト

 どの程度パフォーマンスに影響するかを確認しています。

 (Dell Inspiron, 8GB RAM, seagateHDD 5400rpm,複数回行い平均値を取った。)


(SSD vs. HDD アプリの起動時間で比較)


この方法で行われた検証では、日常的によく利用するオフィスとブラウザが使用されていました。オフィスの起動時間は劇的に短くなっており、約2秒以内に立ち上がっていることになります。

また、chromeブラウザの起動は約1秒でありストレスをほぼ感じさせないようです。

結果として、SSDへの換装はパソコンのパフォーマンスを大幅に改善が見られ、SSDを使う価値は十分にあると考えられます。


(引用記事:https://www.laptopmag.com/articles/ssd-upgrade-tutorial by Melanie Pinola